新車購入時の税負担
ついこの間、生まれて初めて車を買いました。
免許を取ったのはもう何年も前のことなのですが、仕事が忙しくて車の運転をしている暇などなかったので、特に車が欲しいなどと考えることはありませんでした。
でも、同居している母が高齢になってきたため、車がないと不便だと考えるようになりました。
これまでは通院のたびにタクシーを利用していたのですが、年齢のことを考えると今後通院回数が確実に増えると思います。
幸いなことに、人事異動で比較的時間の余裕がある部署に異動することができたので、私自身が病院への送迎をしてやれるようになりました。
そこで、一念発起して車を買ったというわけです。
何しろ生まれて初めて車を買ったものですから、恥ずかしながら自動車取得税や自動車重量税のことなど全く知りませんでした。
ディーラーで新車購入の相談をした際に自動車取得税や自動車重量税のことを教えられ、「車を買うだけで税金を取られちゃうの」とビックリしてしまいました。
正直言って、税金のことなど全く念頭になかったので、自動車取得税と自動車重量税の負担は痛かったです。
でも、ディーラーのアドバイスを受けて、必要度の低いオプションの購入をやめたところ、税金の額を安くすることができました。
ついでに、エコカー減税の適用も受けることができたので、ラッキーだったと思っています。

 

税金も含めて予算内で
半年ほど前に新車を購入したのですが、その時に車屋で自動車取得税と自動車重量税を請求され、驚きました。
恥ずかしながら私は、自動車取得税について知らず、その支払いを想定していなかったのです。
自動車重量税のことは知っていましたが、私が購入しようと選んだ車は、以前よりもグレードが高いものだったので、購入すれば納税額が高くなります。
そしてその具体的な金額は、把握していませんでした。
そのため、用意していたお金では、10万円ほど足りないことが判明しました。
10万円はすぐに用意できるお金ではないので、私は車を購入できなくなるかもしれないと焦りました。
しかし車屋のスタッフが親切な方で、追加オプションの取り消しなど、様々なシミュレーションをして見積を書を作りなおしてくれました。
それまで乗っていた車の下取り査定も、少し高めになるようにやり直してくれました。そのおかげで私はなんとか、自動車取得税や自動車重量税も含めて、予算内で支払うことができました。
また、購入前にスタッフは、今後の自動車重量税の支払いについても説明してくれました。
支払うのは3年後になるのですが、その時にどのくらい請求されることになるのかを、あらかじめ教えてくれたのです。
おかげで私は、それについても考慮した上で、車を購入することができました。
3年後に請求されても、今度は慌てることなく支払うことができそうです。