車の名義変更は業者任せ?
自動車を個人売買した場合に必要になってくるもろもろの手続きの中に名義変更手続きがあります。
ディーラーや中古車屋さんから自動車を購入した場合は自分でやらなくてもお店の方でやってくれるんですが、知人から購入したりネットオークションなどで購入した場合には自分でやるか、もしくは名義変更を取り扱っている中古車ディーラーなどに代行で依頼することになります。
代行を選択する場合、自分では面倒な手続きをしなくてもスムーズに名義変更手続きを行ってくれますが、その分代行費用がかかってきます。
依頼する業者さんによって金額が異なるので、一概にいくらかかるとは言えませんが、最低でも一万円、高いところだと三万円ほどかかってしまうそうです。
ところが自分で陸運局に出向いて手続きを行うと、この費用が陸運局で支払う500円程度で済んでしまいます。
え、たったこれだけ?と思ったあなた!自分で名義変更手続きをやってみたくなりましたね?
では名義変更手続きにはどんな書類が必要になるのでしょうか。
名義変更の手続きと必要書類

まずは元の所有者(旧所有者)に用意して貰うものが3つ。

●旧所有者の印鑑証明
●委任状
●譲渡証明書

委任状と譲渡証明書は陸運局で用紙を貰うか、国土交通省のウェブサイトからDLすることも可能で旧所有者側としても費用がかかりません。

そして自分(新所有者)が用意するものが

●新所有者の印鑑証明
●車検証
●自動車保管場所証明書(いわゆる車庫証明)

になります。
車検証は車検切れでなければ費用がかかりませんし、印鑑証明は約300円程度で取得可能、自動車保管場所証明書も地域によって異なるものの大体3,000円程度で取得することができます。

でも、手続きが難しそう・・・と思ったあなた、実は全然そんなことはないんです!
私も実際にいきなり名義変更に挑戦してみましたが、書類集めも手続きも関係機関に行って素直に自動車の名義変更をしたい旨を伝えるとどこでも親切に対応してくれます。
なので何も知らなくても全然大丈夫!
費用を節約したいあなたはぜひ自動車の名義変更にチャレンジしてみましょう!