車の名義変更は業者任せ?

店舗を訪れる時間がない、近隣の店舗に気に入った車が見つからないなど様々な理由で遠方・または他県での自動車の購入を検討する際に便利なのがインターネットを利用して好みの自動車を探す方法です。
インターネットを使用することで選択肢の幅が広がり、自分の好みに合う自動車を見つけやすくなるのが大きなメリットです。
しかし、インターネットでは実際に自動車を見て選ぶことができないため、購入後のトラブルを防ぐためにもいくつか注意すべきポイントがあります。

1.自分の好きなオプションを自由に選ぶ・または外すことができないことがある

これは特に中古車の場合ですが、あらかじめオプションが装着済みの場合が多いため、オプションを後付けするか自分の欲しいオプションが付いている中古車を選択する必要があります。

2.基本的には下取りをしてもらえない

インターネットで自動車を購入する場合、それまで使用していた自動車の下取りはしてもらえないか安く見積もられることがほとんどです。
その場合は近所の中古車買い取りを行っている店舗などで買い取りしてもらう方法もあります。

3.交渉は電話やメール等が中心になり、値引き価格が少額になりがち

インターネットでの自動車購入は、店舗を回って値引き交渉をする場合と違い、値引きや下取り、オプションの装着や購入後の保証などについて直接話す機会が少ないため見積もりした金額が一定以下に下がりにくいのが特徴です。

4.見積もりや交渉はインターネットでできても最終決断・契約は店舗で、という場合が多い

インターネットでは自動車を探したり見積もりをしたりすることが簡単にできますが、最終的な購入の決断・契約は店舗で行う場合が多いという点に注意が必要です。

5.納車費用や手数料が予想以上にかかる場合があることに注意

インターネットで自動車を購入する場合、本体価格は低くても納車にかかる手続きに関する手数料が高額であったり、遠方の車を購入する場合の輸送費、陸送費がかかる場合があるため、購入する前に必ず確認する必要があります。