自動車の税金について

初めて自動車を買ったのは結婚して子供が生まれたときでした。
それまで自動車については車種すら理解できていなかったので、車検や税金の話は自動車学校以来で全く忘れてしまっていました。
自動車はその本体価格を払うだけでは買って公道を乗り回すことができません。
国に自動車を走らせるための税金を支払う必要があります。
その自動車の税金でも
様々な種類があり、まず、自動車税はその車の排気量を調べることで値段がわかってきます。
車の種類に応じて1リットルから6リットル以上まで10段階に分けて金額が決まっており、自家用車か事業用車かでも違ってきます。金額は29500円から111000円まで幅広いです。しかし軽自動車はこの区分でなく、自家用車か事業用車かで一律金額が決まっています。
また、そのほかに自動車を取得する時のみの自動車取得税があります。これも車によって金額が決められており、新車は絶対ですが、新車からの経過年数も金額の算出に加味されるので、中古車によっては支払がない場合もあります。
出典:自動車取得税の123
そして自動車重量税もあります。自動車の重量によって金額が決まります。0.5トン刻みで6段階に設定されています。エコカー減税を利用している人としていない人で支払う金額は違うので注意してください。
この様に税金だけでも様々な費用を考えておく必要があります。そのうえ車庫証明やナンバー登録費用など、勉強になることはたくさんありました。

自動車購入の際の諸経費
消費税が8%になった際、ほとんどの価格表示は税抜きで表示されるようになりました。
その時、多少は混乱しましたが、実際の支払いは表示価格より少し上乗せすれば済むことですので、次第に慣れていきました。
しかし、自動車を買う際には違います。少しの上乗せだけでは済まないのです。
自動車を買う際には、自動車本体以外にも色々と諸経費がかかるのです。
自動車税、自動車取得税、自動車重量税、自賠責保険料、登録費用、車庫証明費用、リサイクル料金等々、もちろん消費税もかかります。
これらを合わせると、結構な金額になります。
私は、自動車が欲しくて必死になってお金を貯めました。
ローンに苦しめられるのが嫌で、一括支払いにしたかったからです。
私が欲しかった自動車の本体価格は、200万円弱でした。
しかし、諸経費を合わせると、総額で230万円になってしまいました。
そのことを購入する直前で知った私は、もう少しお金を貯めようかとも思いましたが、もう、お金を節約する生活に自信がなかったので、ローンで自動車を購入することにしました。
頭金を多く納めましたから、ローンは厳しいものではありませんが、それでも少し残念な気持ちになりました。
ですから、次回、自動車を購入する際には諸経費のことも、しっかりと考えておこうと思いました。